<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1678611822423757&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">
Jeff Edwards
Jeff Edwards is a tech writer and analyst with three years of experience covering Information Security and IT. Jeff has written on all things cybersecurity, from APTs to zero-days, and previously worked as a reporter covering Boston City Hall.
Find me on:

Recent Posts

Posted on 11.22.19 by Jeff Edwards

小売業へのハッキングとその対策

小売業は、ハッカーによく狙われる、簡単なターゲットです。e-コマースサイトが侵害されると、様々な直接的、間接的コストが発生し、膨大になる可能性があります。このブログでは、問題を掘り下げて、どう対処すべきかを考察します。

Posted on 11.08.19 by Jeff Edwards

PCI DSS コンプライアンスについての基本

何らかの方法でクレジットカードの支払いを受け付けている組織は、PCI DSS コンプライアンスが求められます。顧客やパートナー会社のクレジットカード情報を保護する上で非常に重要なステップであり、データ侵害発生に起因する様々な弊害を避けるためにも必要なステップです。

Posted on 09.30.19 by Jeff Edwards

AWS 環境の監視は CloudWatch に任せられるか?

Amazon Web ServicesAWS)を利用している組織の多くは、AWS リソースの使用状況やそれに伴う支出についてしっかり追跡してはいないようです。

Posted on 09.09.19 by Jeff Edwards

アクセス・コントロールの可視化

機密ファイル、デバイス、ツール、ネットワーク領域へのアクセスを制御することはサイバーセキュリティにおいて最も重要であることはよく知られていますが、もちろん、単にユーザーがリソースにアクセスする方法を制御するだけでは十分ではありません。アクセスを追跡することができ、監査可能なこと、つまり、誰がログオンしたか、いつ、どこでアクセスしたか、どのリソースにアクセスしたかを確認できることも、極めて重要です。

Posted on 09.04.19 by Jeff Edwards

WhatsUp Gold の新しい RESTful API の使用方法

プログレスは、先日、WhatsUp Gold 2019.1 のリリースを発表しました。この新バージョンに加えられたパブリック REST API サポート機能を利用すると、WhatsUp Gold を他の既存システムや独自のスクリプトと直接統合できます。

Posted on 08.23.19 by Jeff Edwards

WhatsUp Gold 用の ServiceNow チケット自動作成の設定法

ヒューズが切れたり、電球が消えたり、点火プラグが故障したりなど、家や車の中で何か問題が発生したら自動アラートを受け取ることができたら便利ではないでしょうか?早い時点で問題がわかれば、実被害を受けるまで発展する前に問題を解決できます。多くの人たちには、そんなスマートホームはまだ遠い未来の話ですが、現代の企業で働いているIT管理者は、インフラストラクチャの一部に問題になりそうな兆候が発生すると自動的に通知を受け取ることができ、問題が深刻化する前に解決に取り掛かることができます。

Posted on 08.14.19 by Jeff Edwards

ネットワークパフォーマンス管理に関する EMA レポート

ネットワークパフォーマンス管理(Network Performance ManagementNPM)は、システム管理ツールボックスの重要な部分ですが、少し難解なところがあります。

Posted on 08.07.19 by Jeff Edwards

WhatsUp Gold で Azure リソースの使用状況を監視

2019年の今、クラウドコンピューティングは主流になりつつあるのではなく、完全に主流になっています。2020年までに企業ワークロードの80%以上がクラウドに存在するはずだという予測もあります。

Posted on 08.02.19 by Jeff Edwards

データは暗号化してハッカーから保護

データをハッカーの手に渡さないようにするには、基本的に2つの方法があります。1つは、それにつながるすべてのエンドポイントを保護し、それを本質的にアクセス不能にすることです。もう1つは、データを暗号化することです。ハッカーがデータにアクセスできても、暗号化されたデータを読むことができなければ利用できません。暗号化はどのように適用すべきでしょうか。

Posted on 07.17.19 by Jeff Edwards

データ侵害の真のコスト:コンプライアンス違反の罰則は氷山の一角

以前もどこかに書きましたが、何度でも強調したいと思います。私たちはデータ侵害の時代に生きています。私たちの生活は、オンラインへのアクセスによって構築された膨大なデータセットによって定義されていると言っても過言ではありません。

無料試用版

無料試用版をお気軽にお試しください。

無料試用版を試す

コンタクト

ご質問、ご意見をお寄せください。

連絡先

ブログの定期メール便

最新ブログを定期的にメール配信します。