<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1678611822423757&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

クラウド

Posted on 03.09.20 by Tim Warner

Azure Firewall の起動法

Microsoft のクラウドネイティブ管理ファイアウォールアプライアンスである Azure Firewall の使用方法を紹介します。サービスとしてのファイアウォール、firewall-as-a-service と呼ぶこともできます。

Posted on 03.02.20 by Tim Warner

Azure Bastion の使用法

Azure Bastion を一言で説明するなら、マネージド・ジャンプホストという表現が適しているかもしれません。ジャンプボックスとも呼ばれるジャンプホストは、仮想ネットワーク上に配置される仮想マシンです。このブログでは、Azure Bastionの使用を開始する方法を記述します。

Posted on 02.19.20 by Greg Mooney

クラウドセキュリティポスチャ管理(CSPM)とは何か?

多くのビジネスリーダーは、長い間、セキュリティ上の懸念から、IT環境をクラウドに移行するのはリスクが高すぎると認識していました。しかし、近年になって流れが変わり、データをクラウドに移動する企業が増えてきました。

Posted on 02.06.20 by Adam Bertram

Amazon Redshift と Amazon RDS

Amazon Web ServicesAWS)のクラウドデータベースサービスを検討する場合、Amazon Redshift Amazon Relational Database ServiceRDS)が、まず候補になると思います。両者について、少し掘り下げてみたいと思います。

Posted on 01.30.20 by Adam Bertram

AWS S3 バケットの解説

AWS S3 バケットが単なるファンシーなクラウドホスト型ネットワーク接続ストレージ(NAS)であったら、このブログももっと短いものになり、苦労はないのですが、残念ながらそうはいきません。AWS S3 バケットは、本来そうあるべきほど「単純」ではないので、このような解説記事が必要になります。

Posted on 01.20.20 by June Castillote

Azure Automation パート4:サンプルの Runbook のテスト

このブログでは、サンプルの自動化プロジェクトを準備し、前回 (パート3) のブログで作成した3種類のアセットを使用して Runbook をテストする方法を示します。

Posted on 10.14.19 by Joe Hewitson

将来も有効なデータアーカイブ戦略

データのアーカイブは、奇妙な慣行のようにも思えます。ビッグデータがありとあらゆる情報を取り込もうとしているときに、いくらかのデータを古くなった媒体に保管しておこうというのは、リソースの浪費ではないでしょうか。さらに、クラウドについて考えれば、データアーカイブという概念が現在意味があるのかといった疑問が生ずるかもしれません。

Posted on 09.30.19 by Jeff Edwards

AWS 環境の監視は CloudWatch に任せられるか?

Amazon Web ServicesAWS)を利用している組織の多くは、AWS リソースの使用状況やそれに伴う支出についてしっかり追跡してはいないようです。

Posted on 09.16.19 by Greg Mooney

Azure か、AWS か、どちらを選ぶ?- パート2

IT インフラストラクチャを、オンプレミスからパブリッククラウドに移行する場合は、どのプロバイダを利用するのがいいかを決めなければなりません。すでにクラウドを利用していても、新しいプラットフォームプロバイダへの変更をするべきかどうか、疑問に感じたら、考え直すのに遅過ぎるということはありません。

Posted on 08.16.19 by Greg Mooney

Azure のアップ/ダウン監視が重要な理由

米国の午前2時です。ヨーロッパとアジアの従業員や顧客は、Microsoft Azure クラウドで実行されているアプリケーションにアクセスできますか?自社で使用している Azure のサーバーとアプリケーションのステータスが、1365日、124時間のベースで常時把握できない場合は、サードパーティーの監視ツールの導入を検討した方がいいでしょう。

無料試用版

無料試用版をお気軽にお試しください。

無料試用版を試す

コンタクト

ご質問、ご意見をお寄せください。

連絡先

ブログの定期メール便

最新ブログを定期的にメール配信します。